足の痛み

足の痛みには、「足首の捻挫・骨折」、靴などに締め付けられることにより、足の親指が小指側に曲がってしまう「外反母趾」、ふくらはぎの筋と踵骨をつなぐアキレス腱が炎症を起こした状態の「アキレス腱炎」などがあります。足首の捻挫の場合、靭帯を断裂してしまっている場合もありますので、すぐにご来院ください。
骨折をしてしまった場合には、正しく整復後にしっかりと固定します。必要に応じて提携病院でのレントゲン撮影もご案内しております。後療(リハビリ)も丁寧に行いますので、骨折後の違和感・痛みでお悩みの方も是非ご相談ください。

治療の流れ

 

  • マッサージ・ストレッチ

痛みの程度や筋肉の硬縮状態を診ながら、丁寧にマッサージを行います。十分にマッサージを行ったあとは、ゆっくりとストレッチを行います。

  • 電気治療

干渉電流型低周波治療器を使い、電気マッサージを行います。筋肉の硬縮が強い場合はES-530を使用し、深部から筋肉をほぐしていきます。

  • 超音波治療

必要に応じて超音波治療器を使用し、さらに深部から筋肉の緊張を和らげます。

  • 湿布貼付

当院では低刺激タイプの湿布薬を使用しておりますが、かぶれやすい等お肌の敏感な方はお申し出ください。