肩の痛み

肩の痛みには、同一姿勢を長時間とったことによる「疲労性の肩の痛み」や、肩から上腕部にかけて痛みがあり、腕が上がらず手が後ろに回らなくなる「四十肩・五十肩」などがあります。
症状が慢性化すると、肩関節を構成する筋肉自体が硬縮し、肩関節の動きが悪くなり、痛みが増すことがあります。痛みを我慢せず、お早めにご来院ください。
また当院では、硬縮した筋肉をほぐすためにご自宅で簡単に行えるストレッチなどもご紹介しております。

治療の流れ

 

  • マッサージ・ストレッチ

痛みの程度や筋肉の硬縮状態を診ながら、丁寧にマッサージを行います。十分にマッサージを行ったあとは、ゆっくりとストレッチを行います。

  • 電気治療

干渉電流型低周波治療器を使い、電気マッサージを行います。筋肉の硬縮が強い場合はES-530を使用し、深部から筋肉をほぐしていきます。

  • 超音波治療

必要に応じて超音波治療器を使用し、さらに深部から筋肉の緊張を和らげます。

  • 湿布貼付

当院では低刺激タイプの湿布薬を使用しておりますが、かぶれやすい等お肌の敏感な方はお申し出ください。